長襦袢地

着物を着た時に襦袢の色柄が覗いて見えるのは基本的には袖口だけですが、もちろん着物の裾がめくれた時には裾周りがチラリと見えます。そうしたところに男性ならではの色気を感じるのも着物ならではの醍醐味ですが、襦袢の色柄はあくまでもお好みでお選びください。襦袢の生地は、フォーマル用途は正絹のものが中心ですが、用途によっては夏用の絽や紗の襦袢に代えて麻の襦袢を合わせる場合もありますし、カジュアル用途では麻の襦袢を通年利用する人も増えています。その他、別誂えとなりますが好みの色柄を江戸小紋で染めたり、手描き友禅で個別製作を行う長襦袢も製作可能です。好みや着用目的に応じた襦袢を上手に選びましょう。※商品画像は一例です。

長襦袢

 ▲【長襦袢】手染め 絹100%

長襦袢

 ▲【長襦袢】手染め 絹100%

長襦袢

 ▲【長襦袢】手染め 絹100%

長襦袢

 ▲【長襦袢】本麻長襦袢地 麻100%

長襦袢

 ▲【長襦袢】本麻長襦袢地 ビビッドカラー(限定品) 麻100%